江戸時代の初め、佐賀県有田町泉山で磁石が発見され、以後有田を中心に陶器が製造されるようになりした。

焼き物の歴史ある地に窯元が点在する有田、伊万里、武雄。その中の霊峰黒髪山の麓に遊遊窯はあります。

料亭や割烹食器を主に製造していますが、「ものみ遊山」と称し「遊墨画と器展」として作家活動も行っています。

有田焼、伊万里焼 などのくくりにとらわれず、土味の陶器・白い磁器・染付け・赤絵、と自由な発想で作陶しています。

春夏秋冬、自然から学び、海で遊び 山で遊ぶ。

鬼が笑い、魚が踊る。

遊遊ワールドをお楽しみ下さい。

 

What's New